tmakerトップ
>
オリジナルTシャツの作成-プリントについて

オリジナルTシャツの作成-プリントについて

tmakerでは、昔からあるポピュラーなプリント方法であるシルクスクリーンプリントでしっかりプリントされたクラスTシャツや部活Tシャツ等のオリジナルTシャツを作成しています。


このページでは、tmakerがオリジナルTシャツを作成するために用いている、シルクスクリーンプリントの各工程について説明しています。
tmakerでは、以下でご紹介する工程を経て国内の工場でしっかりと仕上げますので、自宅のプリンタで作るアイロンプリントとはまったく違い、市販されているものと比べても遜色のないクラスTシャツなどのオリジナルTシャツをお届けする事ができます。

step1オリジナルTシャツ用の版下フィルムの作成

お客様から頂いたデザインデータを元に、使用する色ごとに版下フィルムを作成して行きます。例えば、赤と黒の2色デザインのオリジナルTシャツを作るのであれば、赤の部分だけを使用した版下フィルムと、黒の部分だけを使用した版下フィルムを作成します。

step2オリジナルTシャツ用の版の作成:シャ張り

次に、シルクプリントには欠かせない版を作成します。まずは、アルミのフレームにスクリーンを張り付けます。この時スクリーンがムラ無く、しっかり張った状態で張り付けないと、作製するオリジナルTシャツに色むらができたり、デザイン通りにプリントできないなどの原因になってしまうため、細心の注意が必要になります。

ちなみに、このスクリーンに以前はシルクを使っていたためシルクスクリーンと呼ばれる印刷方法になりましたが、現在では、ナイロン等の素材を使うのが一般的となっています。

step3オリジナルTシャツ用の版の作成:焼き付け

step2で作成した版一面に乳剤を塗ります。版に張り付けたスクリーンは織物のようになっているため、目地(細かな穴)がインクを通しますが、この乳剤に光を当ててると乳液が固まってスクリーンの目地(細かな穴)が埋まりインクを通さなくなります。

そこで、step1で作成した版下フィルムと乳剤を塗った版とを重ねて光を当てる事で、プリントしたくない部分の乳剤だけを固めてインクを通さないようにする事で、オリジナルTシャツにデザイン通りのプリントをする事ができるようになるのです。

step4オリジナルTシャツ用の版の作製:水洗い

焼き付けを行った後は、光を当てずに固めなかった部分の乳液を洗い落とすと、版の完成です!これから、いよいよオリジナルTシャツの作成、プリントが始まります。

step5オリジナルTシャツの作成、プリント

オリジナルTシャツ用のTシャツと、作製した版を機械にセットし、版の上にインクを載せます。次にヘラを使ってインクをTシャツに塗り込んで行きます。塗り終わったら熱プレス機と呼ばれる機械で、プリント部分に熱と圧力を掛けて、インクの乾燥と定着を促します。

ちなみに、色数やプリント部分が複数の場合には、その回数こちらの作業を行う事になります。

step6オリジナルTシャツの乾燥

以上の工程を終え、プリントされたオリジナルTシャツを最終的に冷まして乾燥させ、インクを定着させたら、やっとオリジナルTシャツの完成です!

このような過程を経て、お客様へお届けできる、クラスTシャツや部活Tシャツ等のオリジナルTシャツは作成、プリントされています。

今回はオリジナルTシャツを例に挙げて説明しましたが、オリジナルタオル、スタッフジャンパー、オリジナルパーカー等も同様の手順で作成しています。